〜実験・発見・創造〜

チューブから出したままの絵の具は鮮やかです。それに1色、2色、3色・・・と他の色を混ぜていくごとに、色は濁っていきます。こどもたちは絵の具を混ぜるのが大好き。どんどん変わっていく色に「うわ〜」とか「みてみて〜」とか「すごいっ!!」って歓声をあげながら、きらきら目を輝かせます。混ぜて混ぜて混ぜて・・・で、最後にできた色は茶色っぽい暗〜〜い色・・・。
さあて、このこどもたちの心は暗いのでしょ〜うか???
こどもの絵を見るときは、結果だけを見るのではなく、過程を見ましょう。過程を見ることができなくても、よ〜〜くよ〜〜く見てみると、絵の中のあちこちに描いているときの
こどもの表情が少〜し見えてきます。だけど「これはなに?」「これはどういうこと?」「なんでこの色?」なんて野暮なことは訊かないで。こどもが自分から話しだすのをゆったり待ってあげてくださいね。