〜実験・発見・創造〜

「できない〜」「やって〜」
小さいらぴすっこさんはやってみる前から、たまにこんな感じになります。すると大きいらぴすっこさんが「そんなんゆうてたらずっとできへんままやで」とやさしく(?)アドバイス(?)「ま、やってみてごらん。失敗してもなんとかなるし。」とたまにやさしくないせんせぇ
ま、力の問題で絵の具のキャップが開けられなかったり、チューブから絞り出せなかったり、小さいらぴすっこさんたちには、乗り越えがたい壁もあるわけで、そういうのは手伝います。
すると小さい声で「ありがとぉ」。みんなおうちの人から「何かしてもらったらお礼を言う」ってきちんと教えてもらってるんだね。他所でもちゃんとその約束を守って、本当にみんな偉い。
大人になるとね、結構それ忘れるのかも。「そのくらいしてもらって当たり前」って。いや、して「もらった」とも思わないのかな?些細なことかもしれないけれど、ほんの一言でひとは変わる。その一言を忘れる度に、一つずつ何かを失くす。信頼とか関係とかチャンスとか・・・。
哲学者カントさんは言いました。「他者を手段としてのみならず同時に目的として扱え」って要するにひとを道具扱いしちゃいけないってこと。みんなは今のまま、誠実なおとなになってね。

IMG_4288 IMG_4283 IMG_4258

IMG_4290 IMG_4306 IMG_4302

IMG_4304 IMG_4292 IMG_4312