〜実験・発見・創造〜

「らぴす便り」カテゴリーのアーカイブ

8月のらぴす「パッパッ〜ンといこう〜モヤモヤなんかふっとばせ〜」

あらら、夏の大イベントが今年はなし。だからなのか……8月って気がしない。8月1日、す〜っと過ぎてしまったな。なぁ〜んかモヤモヤする毎日。
なので、パッパッ〜ンと花火、打ち上げよ。

7月のらぴす「コロコロコロコロどこへ行く〜そこは透明のラビリンス〜

落ち着いてきたかなぁ〜と思ったら、また……。
この先どうなっていくのか……どこへ行くのか……
昨日もっさんみいこさん(絵本作家)におもしろい絵本をいくつか紹介してもらいました。
そのなかに今の世の中にぴったりの絵本がありましてね。サトウマサノリ作「おっと あぶない!」カエルさんたちがいろんなピンチを乗り越えて、強く進化していく様子が描かれています。
今、いろんなひとたちが知恵を絞って危機に立ち向かっているわけですが……
私はなにもできない……
せめて邪魔はしないようにしたいと思いながら右往左往……で、ラビリンス

7月のらぴす「lock・lock・lock〜秘密のナンバー◯◯◯〜」

らぴすのこと学校の作文に書いてん ♪♪♪



……せんせぇの美貌について、ちゃんと触れてくれたのでしょうか……

7月のらぴす「lock・lock・lock〜秘密のナンバー◯◯◯〜」

7月のらぴす「lock・lock・lock〜秘密のナンバー◯◯◯〜」

自粛期間中に考案したダイヤル式ロック付きの箱!しかも3桁!

「はっはぁ〜〜〜〜ん!わかったぁ!」……さすが



7月のらぴす「宝物はなぁ〜に?だいじなものはひとそれぞれ〜」

みんなの一番大事な宝物描いてみて♪


「おかね!」「きゃらくたー!」「かぞく!」

6月のらぴす「鉛筆デッサンしてみよう〜思い込みは厳禁なのだ〜」

ちょっと前回の工作が長引いて、短時間になっちゃいましたが、まずは鉛筆で濃淡の練習。それから「手」のデッサン。左がbefore、右がちょっとコツを聞いてから描いたafter。ほんの数分で変わっちゃう天才児さんたち、あとは練習次第。

6月のらぴす「動かしてみよう②〜デザインでもっと楽しく〜」

なんでも言われた通りに……ってのは、大人にとっては便利なこともあるんだけど、絵画造形の場では……つまらない……実につまらない。

今回の工作では諸事情ありまして微妙な材料を使っておりまして……「ちゃんとしたもん使わんかぁ〜いっ!」ってお叱りを受けるかもしれませんが、そこを工夫するのが貧乏性のらぴすでございます。
短いものは繋げば長く、弱いものは合わせれば強く、たいていのものはなんとかなる。

でもね、最近のこどもたちって便利なものに囲まれてるじゃないですかぁ。
だからちょっと躓くと「できへぇ〜〜ん!」ってヤケになったりする。

「動く工作」って調整が必要。人任せにしていると、動かなくなったとき、わけがわからなくなって、あきらめて、それはただのゴミになりかねない。
だからあんまり助け舟は出したくないわけです。自分で「あ〜でもないこ〜でもない」って考えなきゃ。

てなことを考えつつはじめたわけですが……杞憂でした。
頭脳明晰者揃いの月曜クラスさん、特に何も言わなくても自分で考え、「あ、ちょっと思ったより弱いなぁ」とか「ここはふわふわ動かしたい」とか「ここが動くようにした方がええな」とか静かに独り言を言いつつ、いろんな展開を見せてくれました。

先日の動画、みんなあんまり静かで私の不気味な含み笑いしか聞こえなかったんで、BGM入れました。


6月のらぴす「動かしてみよう①〜まずは仕掛けの箱作り〜」

6月のらぴす「絵の具であそぼう〜ぬるぬる・べたべた・しゅるしゅるしゅる〜」

お久しぶりの教室ですが、全員出席。
実は始まるまで密かに緊張していました。
あちこち消毒したり、シート貼ったり、みんなに何かあったらたいへんだ。でも本当にみんな来るんだろうか???なんて考えたりして。
マスク着用・除菌ジェル・離れて座って……
もとのようにワイワイきゃっきゃとできる日はいつ来るんだろう。大切な大切な子どもの時代が、こんなことになるなんて……なんてこった

お久しぶりなので、ゆる〜くフィンガーペインティング。ついでに額縁をつくって……
左から、かえでちゃんは「四人家族」つむぎちゃんは「サボテン」だそうです。