〜実験・発見・創造〜

「らぴす便り」カテゴリーのアーカイブ

5月のらぴす「ビー玉であそぼう〜人間は考える葦(Blaise Pascal)〜」

しばらくお休みが続いてたせいか……お休みのひとが多くていつもの賑わいがないせいか……最初のうち、なぁ〜〜んかみんなおとなしくて「ん〜こりゃ面白くないなぁ」と思っていたのですが、2週目からは「それどぉやってもってかえるんっ⁉️」って感じで巨大化していき……。「このままこぉやって手で持って電車乗るから大丈夫」「いやいやいやいや、途中でバラバラになって電車止まったらまずいでしょ。」てな会話をしながら、少人数でまったりと活動しております。

「せんせぇもやりたかったん?」「あ……うん、ちょっとね」「そらぁ、やりたいわなぁ」

5月のらぴす「ビー玉であそぼう〜人間は考える葦(Blaise Pascal)〜」

「葦」って川辺にざわざわ生えている雑草みたいな……と思っていたら、水質浄化の役割を担っているとか。
それだけじゃなくていろんなものに変身できるらしく……。で、「葦でつくろう!」って言うのかと思えばそうでもなく……。毎日毎日いろいろ考えて考えて考えて……うまくいったり大失敗したり……でも考えることをやめたら進歩などないのだ。さぁ〜じっくり考えよ〜〜。

4月のらぴす「ながぁ〜いながぁ〜い〜なんでしょね???〜」

さて、ひょんなところでなが〜い紙を入手しました。レジに入れる紙でしょうね、何巻か。
何をしようかなぁ〜って考えて……いやいや考えるのは子どもたちでなければ、でもなんにもなしで「さぁどうぞ!」ってのも乱暴なんで、ひとつの案だけ出して、みんなでやって、後半はお好きに。
びろ〜んと伸ばして縄跳び!とか、「きつく巻きたいのに巻かれへ〜ん!」と怒りながらがんばって、いつの間にか巻き巻き名人になったひと、劔をつくったひと(がやたらとオシャレ)、変わり種は折ってくっつけて車をつくったひと「おとうと喜ぶかなぁ〜」。
子どもたちが自分で試行錯誤している姿は、とてもいいもんです。そうだ!時間をかけてしっかり考えよう!

気がつけば一年越え……ながいよぉ〜ながすぎるよぉ〜。

4月のらぴす「絵の具の種まき〜花いっぱいになぁ〜れ♪〜」

左がとうまくん(5才)右がゆいちゃん(8才)仲良し姉弟。
たくさん咲かせてくれました。

4月のらぴす「絵の具の種まき〜花いっぱいになぁ〜れ♪〜」

3月のらぴす「いろいろポケット〜あっちこっちにつけてみよう〜」

今日、作品持って帰るんやんなぁ ♪ ママすっごい喜んで楽しみにしてた ♪

3月のらぴす「Es ist gut !!(Immanuel Kant)〜これでウシ!!〜」

初めてウシさん登場!まことちゃん(6才)作

3月のらぴす「Es ist gut !!(Immanuel Kant)〜これでウシ!!〜」

さて、またわけのわからないタイトルですが、最近あっちこっちで見かける「赤べこ」をモデルに簡単工作です。
張り子を作るのは時期的日数的に無理だったので、画用紙でいきました。タイトルの割に「べこ」に拘らなかったので、「ウシ」作ったひとは今のところ、まだいません。
昔ちょっと哲学者のカントさんが好きだった時期があり……いや、今も好きか……「理性」を語るのが好き……私も最期は「これでよし!」とか言って終わりたいと常々思っていたのですが、この言葉には諸説あるらしく……あ、長くなるのでやめます。

3月のらぴす「コンテでアート〜塗って重ねて擦ってね〜」

お久しぶりのらぴすです。
みんな元気な顔、見せてくれました。今月はゆる〜くローラーで遊んでから三宝柑描きました。なかなか味わい深い三宝柑の出来上がり♩

2021絵画造形教室らぴす展覧会