〜実験・発見・創造〜

クリスマス会でございます。今年もサンタさんは来てくれるのでしょうか?いや、きっと来てくれる。みんな良い子にしてますよ〜

教室外の方も参加していただけます。下の申し込みフォームに必要事項を記載の上お申し込みくださいね。教室への勧誘などいたしませんので、お気軽にどうぞ。

クリスマスの風景といえば雪が積もっていて……サンタさんがソリに乗って……だったりしますが…さて、そんな感じを想像しながらのスチレン版画でございます。今回は廃材の発泡トレーを各自持ってきてもらって、それを使って思いっきり…なんて考えていたのですが…

廃材を活用できると遠慮なくダイナミックな展開が期待できるんですが、思うようには集まらず……でもまあ、みんな仲良く少ない素材を譲り合い、真剣勝負で挑んでくれました。

Thanks:りゅうのすけくん

え〜結果的に転びそうにない感じになったひともいますが、OK !!

先日ね、顔面神経麻痺というものになりまして……ちょっと焦りましたよ。いきなり顔左半分が動かないんだもん。近くの病院に行きましてね、診察室でいろいろ変顔をさせられながら、ふと前を見ると、昔教室に来ていたらぴすっこさん(今はもう大学生)のお母さんがスタッフとして立っていました……これもちょっと焦りました……

さて、今回のテーマ。10月にも同じタイトルがありましたが、できなかったクラスもあったりなんかしたし、時間もかけられなかったりもしたもので、ちょっと別バージョンで続きやってみます。

でね、顔面神経麻痺ですが……真顔のときにはそう目立たない感じなんですが、笑うと左右のバランスがずいぶん違うもんで、こないだから教室では控えめな微笑でいってます。

飛ばす工作もバランスが非常に大事。ちょっとしたことで飛んだり飛ばなかったり、あっち行ったり、こっち来たり、いろいろです。「飛べへぇ〜〜ん」とすぐ諦めるひともいたりしますが、研究熱心なひとは、ずぅ〜っと試行錯誤して延々と。そして身近な材料で作れるので、帰宅後もたくさん作っちゃうひともいるようです。

で、話はあっちこっちいきましたが、バランスよくすぅ〜っと飛ぶとホント気持ちいいです。

「せんせぇ、いま片目開いてなかったよ。どうかしたの?」「……えっ」

さて、起き上がり小法師の錘部分を仕込みまして……しばしきゃっきゃと回して遊ぶらぴすっこさんたち

あ”〜もぉだめだぁ〜って思うことなんて、しょっちゅうです、わたしは。でも、そう思っている間にも時は流れ……状況は刻々と変わり……なんとかおさまって……またケロケロッと歩み続けるのです。

数年前に転びました。ええ、そりゃぁもう派手に。頭・肩・脚・いろんなところを強打し、一瞬「死んだ……」って思いました。はい、それからは気をつけてますよ。落ち着け〜落ち着け〜急がば回れ〜。転んでも転んでも、学べばいいんだ。

おっと書き忘れるところでした。キッズクラフトさんにガシャポンのカプセルをどっさりもらいました。いつもありがとうです。で、起き上がり小法師です。

Thanks:キッズクラフトさん

きゃ〜〜〜、かわいい〜〜!!ドアを開けてみんなが出て行くと、お迎えに来てくれたお母さんたちの歓声が聞こえてきました。楽しい瞬間です。

Thanks キッズクラフトさん