〜実験・発見・創造〜

6月, 2006 のアーカイブ

6月のらぴす「プリン絵の具であそぼう」

小麦粉を煮詰めたものと絵の具を混ぜ合わせてプリン絵の具で遊びました。ベタベタヌルヌルしてて最初は「さわるのいややあ〜」とスプーンやフォークを使っていた子も、最終的には腕まで絵の具だらけにして大騒ぎ。こうした素材体験はこどもたちのを解かしてくれるのです。

   

   

   

6月のらぴす「雨雨ふれふれ」

自転車に大きな荷物を積んで走り回っている私にとって梅雨はやっかいな時期です。でも、こどもたちは絵の具まみれになってしっかりを楽しんでくれました。

     

こちらはゆうだいくんの作品。いつになく無口に(^_^;)うっとりとのなかに溶け込んでいる様子だったので、声はかけずに見守りました。なんだかの音が聞こえてきそうですね。写真では少しわかりにくいですが、実物はしっとりと雰囲気のある絵です。

6月のらぴす「メビウス」

「メビウスの輪」ご存じですよね。ちょっとねじってつないだだけの輪ですが、ペンで中心にずう〜っと線を引いていくとなんだか不思議な気分になります。その線をハサミで切ってみても、また不思議、こどもたちの予想を裏切るカタチの輪ができました。「あれ?」「ん?」「なんで?」「そうや!ねじり方かえてみよっ!」らぴすっこたちの創造力「メビウスの輪」よりも果てしないのでした。

      

6月のらぴす「絵の具であそぼう」

こちらは先日絵の具で遊んだ紙を下地に瓶を描いたしゅんすけくんの作品です。なんと味わい深〜い。おかあさんに「今日もいいの描いてくれましたよ」って言うと「また額縁買わなくちゃ〜(^_^)」とこたえてくれました。そう!せんせいが誉めるよりもおうちのひとが褒めてくれるのがこどもにとって一番!そして飾ってくれるのが一番!だとわたしはいつも思うのです。

6月のらぴす「飛ばしてみよう」

またまたとびものです。今回は発射台からビュワ〜〜ンと飛ばしました。人に向けて飛ばさないのは大前提ですが、万が一当たっても怪我のないよう、スチレンボードでロケットや飛行機・・・おにぎりやプリンを作った人もいましたが・・・いくつも作って飛ばしました。カタチ向きによって飛び方は様々、「すごいっ!!」「あ、あかんわ」「わっ!戻ってきた」「どこいったんやあ〜〜」と大騒ぎでした。
さて、先ほど入手した情報—–こころくんは家に帰ってからもお父さんと一緒に「1号機、2号機、3号機・・・」と盛り上がっていたとのことです。親子で楽しむ造形、素敵ですねっ(^_^)/