〜実験・発見・創造〜

5月, 2006 のアーカイブ

5月のらぴす「絵の具であそぼう」

ローソク*歯ブラシ*糸***いろんな道具を机に置いて、「さあ、これで絵の具してみよう!」
少しアドバイスもしましたが、みんな思い思いのやり方でいろんな模様をつくってくれました。

5月のらぴす「転がしてみよう」

片段ボールを巻いて作った車輪で斜面をゴロゴロ進む、ごくごく単純なクルマです。が、思いの外盛り上がり、みんな各々パーツをつけて教室はサーキットに。実はもう少し小技の効いた2号機の案を用意していたのですが・・・あっという間に時間切れ。ま、あんなに楽しそうに造形しているのに、せんせいの都合だけで止めちゃいけませんよね。2号機の案は次回にとっておきます。

5月のらぴす「オリジナル鉛筆をつくろう」

らぴすでは思うところがあって、あまり工作セットを使うことはないのですが、今回はおがくずでできた粘土と鉛筆の芯のセットを使ってみました。この粘土、サラサラした手触りで伸びがよく、よくくっつく!こどもたちには扱いやすい粘土だと思います。でも、芯のまわりに粘土を巻き付けるときに「ポキッ」「あっ!」「ポキッ」「げっ、芯が折れたあ」という悲鳴が時折きこえてきました。でも、そんなときはホラッ、小さい鉛筆をつくってくれましたよ。

 

5月のらぴす「はらぺこあおむし」

こちらはともやくんの作品。まさに「はらぺこあおむし」を再現している感じですね。色彩がとってもキレイ!!


かわってこちらははるなちゃんの作品。夢みたいにきれいな葉っぱの上に、小さな小さなあおむしくんがいます。

おとなのひとはよく「マネをして描いちゃいけません!」っていうけれど、私は素敵だと感じたものはマネをしてみるのもいいと思っています。マネをすること=それについて深く知ること。その知識は新たなオリジナルを生み出す材料になるのです。だからこれからもいろんな素敵なものにたくさん出会って、みんなのやわらかい感性でもっともっともっと素敵なものをつくりだしてくださいね。

5月のらぴす「はらぺこあおむし」

今月はエリックカールの絵本「はらぺこあおむし」をみんなに紹介・・・
といっても、みんなやっぱり知っていました(^_^;)おとなにもこどもにも大人気の絵本ですもんね。
先日のローラーで遊んだ画用紙を使って「エリックカールにまけないぞ!」と、作品に取り組んだのですが・・・
出来上がりは後日!!