〜実験・発見・創造〜

7月, 2010 のアーカイブ

7月のらぴす「糸でアート〜どんな模様ができるかな?〜」

以前をた〜っくさんいただきまして、絡むに泣きながらいろいろやったのですが、今回思いついたのがこれです。もう絡もうが切れようが、これならへっちゃらだい♪

   

7月のらぴす「マグリットでいこう(Magritte, 1898〜1967)〜空と雲〜」

「空と雲」の画用紙を使ったコラージュです。7月もワヤワヤしているうちに時間切れ。完成は8月・・・かな?

7月のらぴす「マグリットでいこう(Magritte, 1898〜1967)〜空と雲〜」

見上げればすっかり夏空。「空と雲」といえばマグリット。「空と雲の画用紙作ってね〜」ここで「青い空」に「白い雲」なんて言わないのがミソ・・・とわたしは思っています。

7月のらぴす「新聞でアート〜動きのある絵をつくろう〜」

こちらは左からスケボーにのってるのかな?あやねちゃん(小3)、驚いて振り向いた感じのももちゃん(小3)ちょっぴりおすましはるなちゃん(小3)のうさぎたちです。

7月のらぴす「新聞でアート〜動きのある絵をつくろう〜」

左が、歌を口ずさみながらお散歩中の雰囲気、まいちゃん(小3)の作品。右が、「いっただっきまあ〜す!」とお食事中、まいちゃん(小4)の作品。おっ♪今日はまいちゃんまいちゃん

   

7月のらぴす「新聞でアート〜動きのある絵をつくろう〜」

みみ・あたま・からだ・あし、部分毎につくって四つ切り画用紙にレイアウト。ユーモラスなウサギさんがあちこちで生まれてきました。

こちらは、6月にスプレーで遊んだ画用紙に宇宙を描いています。

人と人

から誠実に対応してもらったとき、気持ちいいです。思った以上に誠実に対応してもらうと、幸せで涙が出そうになることもあります。
5月に新教室を開いたとき、そこのオーナーさんが「こどもたちが使いやすいように」と洗い場に踏み台を用意してくれていました。らぴすは全て場所を借りて教室をしているのですが、各教室のオーナーさんたちが私とらぴすっこ信頼してくれていること、時間労力を割いてくれていることに、私はとても感謝しています。
世の中にはにがっかりしてしまうようなこともたくさんあります。私もたくさんの「がっかり」を経験してきました。私だって知らないうちに「がっかり」させてしまっているかもしれません。できることとできないことはありますが、信頼には誠実に応える努力をしよう・・・簡単には取り戻せないのが信頼

7月のらぴす「デザインしてみよう〜気分はファッションデザイナー〜」

Tシャツのデザインを考えました。

こちらは、左が10色ほどの絵の具を駆使して見事な配色、あおいちゃん(4才)、右が黙々と(おっ?突然静かになった?)時間をかけて丁寧に描いた模様、みとちゃん(5才)の作品。上が前身頃、下が後ろ身頃です。う〜〜ん着てみたい〜♪