〜実験・発見・創造〜

4月, 2009 のアーカイブ

ゴールデンウィーク

お知らせにも書きましたが、5/4(月曜クラス)、5/5(火曜クラス)4/29と5/6(水曜クラス)5/2と5/30(土曜クラス)お休みです。「間違って来ないようにね〜」と言うと・・・「ぼく来たことあるで{/!/}」「わたしも1回ある〜{/晴れ/}」と、あちこちから明るい声 {/まいった/}あらら〜
休みにはよく中之島国立国際美術館に行きます。作品を見ながら「うおっ{/ひらめき/}」とか「げっ{/目/}{/汗/}」とか、ひとりで小さく呻いている変な人が・・・わたしです。

4月のらぴす「水性ニスでアート(その3)〜塗ったり描いたり削ったり〜」

こちらは土曜クラス。いつもは結構し〜んとしているのに、なぜか今日はタケノコで妙に盛り上がっていました{/嬉しい/}{/汗/}
まずは、実際には見えていないタケノコの中身の色のクレパスでしっかり塗り込みます。おお〜〜っ、みんな黄色ピンク・・・思い思いの色で「腕だる〜〜い」「クレパス減るやん〜」と言いながら塗ってくれました。そして皮を塗りながら描いて、竹串でスクラッチ。ひとつしかないタケノコからいろんなタケノコが生まれてきました{/揺れるハート/}

4月のらぴす「水性ニスでアート(その3)〜塗ったり描いたり削ったり〜」

さあ、ニスを塗って完成!ってなことはありません。もうちょっと遊んでみましょう・・・。せっかくニスを塗ったので釘で削ってみました。そしてクレパスを塗ったり拭き取ったり・・・
そして完成したのがこちら、左からしおりちゃん(小1)、さきちゃん(小1)、はるとくん(小3)、りおちゃん(小4)の作品です。

 

後半はこの季節、八百屋さんでみかけるタケノコを描きました。スクラッチなんかも取り入れつつパワフルに描いてくれました。

 

制作途中ですが、こちらは最年少もえちゃん(4歳)の大迫力のタケノコです♪あっ、左端は本物ですよ。念のため♪

4月のらぴす「水性ニスでアート(その2)〜好きな物を封じ込めてみよう〜」

テーマは今回は自由。風景や何かであってもいいし、わけのわからないものでもカッコ良ければOKです。それぞれボタンや貝殻、ビーズなど、いろんなものを持って来て、白く塗った段ボール板にレイアウト。他のが持っているものが欲しくなって、「なあなあ、ちょうだい、ちょっとちょうだい〜、なあなあなあ〜」なんてことも・・・「こらこらっ!しつこく言っちゃだめっ!ほら、困ってるでしょ!」と、注意する一幕もありながら進んでいきます。

 

   

ある程度レイアウトできたら、ニス塗りです。刷毛で水性の透明ニスを少し乱暴ではありますがドバドバ塗っていきました。ただそれだけの作業ですが、なぜかみんなワイワイキャッキャと大喜びでした♪

 

4月のらぴす「水性ニスでアート(その1)〜丁寧に丁寧にファンデーション〜」

実は写生が好きです。教室でもこどもたちが写生をする日は、自分自身のテンションがなぜか上がっていることに気付きます。でも前に、あるところで「切ったり貼ったりが好きな先生です」と紹介されたことがあり・・・「いや、そんなことはないです!」ときっぱり否定したものの、最近はらぴすっこやわらかな感性に触発されて「ん?好きかも・・・」と思うことがしばしば。というわけで、教室をはじめた頃からやってはいましたが、このところ登場回数の多いコラージュです。「また〜あ?」なんて言わないでね{/嬉しい/}{/汗/}今回はニスも使って、一風違った趣の、濃密なものにしていきましょう。まずは下地から{/パー/}

   

4月のらぴす「釣りにいこう〜いろんな魚をつくってみよう〜」

ですね。わたしはindoor派ですが{/家/}皆さんはお外で元気に遊ぶ機会が、これからどんどん増えてくることでしょう{/晴れ/}
さあ{/!/}今日は教室の中で釣りを楽しみましょう{/海/}

水曜クラスのみんなには、今までさんざん使い込んだ色画用紙片をさらに細かくちぎってもらいました。輪になって作業していると、新しく入ったたちも和やかな良い雰囲気・・・それを封筒に詰め込んで、いろんな魚が生まれてきました。「あ、餌つくろっ」「餌入れもいるな」「釣り竿にくるくる回すとこつけたいな」と、イメージが広がったようです。