〜実験・発見・創造〜

10月, 2011 のアーカイブ

作品入れ替えました。


本日、作品を入れ替えてきました。病院スタッフの皆さんは、いつもホントに快く展示に協力してくださいます{/ハート/}新旧入り交じり、同級生なのに年齢が違うなんてのもありますが、描いた当時の年齢です。入り口横の出窓に展示しているので、外からご覧頂けます。「いいねぇかわいいねぇ」と好評ですよっ{/チョキ/}
道路越しに携帯カメラで撮影。かなり交通量が多いので、隙を狙って頑張りましたが、ピントも合わず、ちょっと残念な写真になりました{/悲しい/}

展示中:みよしあすかさん/ほそみさきあさん/まつおかかほさん/うらにしあんさん/ほしひなのさん/にいみあゆさん/おのみくさん/いまいりおさん(元らぴすっこも含みます)

Thanks ガイ動物病院さん

11月のらぴす「よ〜くみて描こう〜心をこめてじっくりと〜」

向かい合って友達を描くのは、ちょっと気恥ずかしい。あまり話したことのない人だったりすると緊張しちゃう。でも心をこめて描いたあとは・・・あらら、なんだか仲良し度UP

11月のらぴす「商店街をつくろう〜繁盛繁盛大繁盛!!〜」

広島にすぐ帰るつもりが、なんだかんだで大阪に居着いて長くなります。未だに「大阪弁は完璧!」とは言えず・・・それでも最近は、素早いつっこみを評価されたり、吉本新喜劇で「ふふっ」と笑えるようになったり・・・。
さて、今回は商店街をつくりました。導入に絵本「大阪うまいもんのうた」長谷川義史作を紹介して、「♪大阪にはうまいもんがいっぱいあるんやでぇ♪」と歌いつつ、ポップアップカードの要領で作り始めました。歌は次第に「商店街へ〜行〜こうよ♪商店街へ〜行〜こうよ♪」と、わたし得意のええ加減な歌になり、それに呼応するように、こどもたちも「ボンドくっださぁ〜い♪ボンドくっださぁ〜い♪」(木工用接着剤を容器に少量ずつ出し、追加しながら使用していました。)と歌い始め、外のひとが聞いたら「なんの教室???」って雰囲気で過ごしたのであります。「これ繋いだら天神橋筋商店街になる!」と言ったのは、ともやくん。で、みんなのを向かい合わせに置いて繋いで・・・「おぉ〜〜〜〜っ」と感動。感動のあまり、写真撮り忘れてしまいました・・・

10月のらぴす「みえないけれど〜でてくるでてくる〜」

「これって!?」「ええっ!?」「ほんまやっ!においするわっ!」「飲んでもええ!?」「だめっ!!」
で、こ〜んな星空模様の画用紙(右端画像)ができました☆☆☆

宇宙旅行は古くから人類の夢でありました。それがまあ現実的になった今、地球のまわりにはゴミがいっぱい・・・頭上注意ですね。でも、こどもたちはたくさん夢の宇宙を描いてくれました。

     

10月のらぴす「さらさらさらっとやってみよう〜なんだかお掃除してるみたい〜」

半乾きの木工用接着剤に粉絵の具をさらさらさらっとのせました。こちらは左から、本人のあの優しげな雰囲気からは想像出来ない厳つさのあんちゃん(小5)の龍、素晴らしい接着剤捌きを見せたかずきくん(5才)の龍、ほっこりかわいい感じになったあすかちゃん(小4)の龍です。

10月のらぴす「ゆっくりとろ〜り描いてみよう〜あわてないあわてない〜」

「え〜〜っと、来年の干支はぁ・・・」なんて考える時期になりました。というわけで龍を描くことにしました。龍は想像上の生き物で、本当に見たひとはいないわけで、だからまあ、どんな風に描いても間違いではないのだよっと言いつつ、参考資料として葛飾北斎の龍の絵を用意しました。「うっわぁ〜、厳ついなぁ〜」との感想をもらしながら、木工用接着剤や鑞で、ゆっくりとろ〜り描いています。

10月のらぴす「スタンプ!スタンプ!〜いろいろぺったん〜」

段ボール片でスタンピングマシーン{/!?/}をつくりました。

左がとってもカラフルなキノコが並んだみくちゃん(小3)、右がかわいい街並ができたあやのちゃん(小3)の作品。この後コンテやチョークで仕上げました。