〜実験・発見・創造〜

2014/02/04 のアーカイブ

2月のらぴす「図と地〜同じものでも違って見える?〜」

昨日夕方にですね。近所のスーパーマーケットにパンを買いに行きまして・・・パンだけでよかったんですけど・・・タイムセールのお豆腐(58円)に目を奪われ・・・考え込んでおりますと、背後から「あんた、お豆腐好きやろっ」と妙に華やいだ声が聞こえてきました。
見るとそれは・・・かなり高齢の女性がその後ろに立つ男性(ん〜60才ぐらいかな?)にかけた声でした。女性は続けます。「今日はあんたの好きなもん作ろなっ」と、とってもとっても楽しそう。
ここからはまったく想像ですが・・・ひとりで暮らすお母さんの家に息子さんがやって来ました。いつも仕事の忙しい息子さんがめずらしく「明日休みだから泊まるよ」ってことになって、お母さんは嬉しくて嬉しくて・・・息子の好物をテーブル(わたしの頭の中の映像では卓袱台)に並べて、夜遅くまで、いっぱいいっぱい話をしよう・・・そうそう、朝もゆっくり寝かせてやって、わたしはちょっと早起きして、いつもより凝った朝ご飯にしよう・・・
と、豆腐コーナーで勝手な妄想に耽り涙目になるわたしでした。
このとき、わたしにとっての主役はお母さんの方。息子さんの印象はかなり薄く、背景のように(失礼)あまり覚えていないのですが・・・帰宅後いろいろ考えました。息子さんは、少女のようにはしゃぐお母さんを見ながら、自分も楽しいには違いないけど、いろんな思いが渦巻いていたのではないか・・・
てなことでで遊びます。学校で心理学の課題なんかで出たりしたのですが、頭のかた〜いわたしはちょっと苦労しました。まだまだやわらかいらぴすっこさんたちは、どぉかなぁ〜?

“荒神さま” ハンバートハンバート